投稿者 sdskid | 2013/04/10

Triple Bootable iMac (2度目 2013)

Macでトリプルブートを可能にする方法.インストールしたのは OSX 10.7 / Win 7 / openSUSE

参照サイト:
http://www.lifehacker.jp/2010/05/100512wml.html
http://www.sa-sa-ki.jp/blog/2009/09/intel-mac-snow-leopard/
http://jonsview.com/fixing-mbr-tables-on-imac-or-mbp-triple-boot-setups
http://manuals.info.apple.com/ja_JP/boot_camp_install-setup_10.7_J.pdf

 

Step00:準備
MacでOSX 10.7起動USBメモリを作っておく

 

Step01:フォーマット(1分)
起動USBから起動(起動時Optionキー)し,Disk Utility -> パーティションで1パーティションに初期化する(MacHD 1TB)
#Mac OS拡張,オプションでGUIDパーティションを選ぶ
#もともと4パーティションに切っていた,かつ,それらがBoot Camp用だったこともあり,いろんな警告がでるが無視.

 

Step02:OSXインストール(15分)
Disk Utilityを終了し,OSXインストーラーでOSX Lionを入れる.インストール後自動で再起動する(起動ディスクは今入れた本体HD)

 

Step03:OSXセットアップ(5分)
普通にOSXのセットアップ.今回はTime Machine Bkupは全く使わずに初期設定を行った.

 

Step04:パーティショニング(5分)
Disk Utilityを起動し,ハードディスクのパーティション設定を行う.
#4パーティション化 上から以下の順に.
MacHD: Mac OS拡張(ジャーナリング) 750 GB :起動ディスク
Win7HD: MS-DOS(FAT) 125 GB
SUSE: MS-DOS(FAT) 100 GB
Swap: MS-DOS(FAT) 24.35 GB
#ここではとくにBoot Camp設定等は無い.
#この途中に「復旧用パーティションの場所をアップデート中」のメッセージがでる.
#確かにMacHD以外の場所へ復旧用パーティションを逃がしている模様.

 

Step05:reEFIndインストール(5分)
rEFInd 「A Binary Zip File」をダウンロードして,そのディレクトリで
./install.sh –esp
を実行し,インストール(途中sudoに入る)
#入れたのはVer.0.6.8
#–espオプションはOSX10.7なら付けろという情報
http://www.rodsbooks.com/refind/
http://sourceforge.net/projects/refind/files/0.6.8/refind-bin-0.6.8.zip/download
#rEFIndインストール後に起動時optionキーを押すとESPというのが右端にでるが,これを選ぶと起動できない
#何もキーを押さずに起動するとrEFItと同様の画面がでてきて起動ディスクを選択できる.

 

Step06: Win 7 インストール(35分)
rEFIndをインストール後にWin7のインストールディスクをMacに入れ,再起動する.
起動ディスク選択画面が出てき,Mac(内蔵HD)かWinのDVDを選べるのでDVDを選ぶ.以下はWin7インストールの詳細.
(今回インストールしたのは Windows 7 Enterprise 64bit Japanese)
#なお,この時点ではBluetooth接続機器は使えない
#インストール:インストールする言語「日本語」,時刻と通過の形式「日本語(日本)」,キーボードまたは入力方式「日本語」キーボードの種類「日本語キーボード(106/109キー)」
#新規インストール:インストール場所:ディスク0パーティション4: WIN7HDを選ぶ(合計サイズ116.5GB,空き容量116.4GB,種類プライマリ)
#全体のパーティションはパーティション1,2,3,4と未割当領域となっており,それぞれ200MB, 698.5GB, 619MB, 116.4GB, 115.8GBとなっている.

このままだと「ディスク0パーティション4にWindowsをインストールすることはできません」と書かれているので,右側のオプション?を押して詳細メニューを表示させ,「フォーマット」を選択する.
フォーマットが済む(約1分)と,パーティション名が単に「ディスク0パーティション4」になるが,そのまま「次へ」を選ぶ.
#約20-25分後に再起動(1度目)が行われる.このとき,rEFIndの画面でWinodws(HD not DVD)を選ぶ
#約5分後に再起動(2度目)が行われる.これによりWin 7のインストールが完了する.
#Boot CampのWindows Supportファイルは後で入れる(Step15).

 

Step07: Win 7セットアップ(5分)
起動するとセットアップが始まるので適当に進める.
#解像度等がおかしいが,その辺は当面無視
コンピューター(いわゆるマイコンピューター)からWin Install DVDを取り出す.

 

Step08: openSUSEインストール(60分)
Linux(openSUSE)のインストールディスクを入れて再起動.
起動ディスク選択画面で,Mac, Win, DVDが選べるのでDVDを選ぶ.
以下,インストール手順.

Installationを選ぶ(3-4分待つ)
Language: English, Keyboard: Japanese
New Installation, Use Automatic Configuration: off (include add-on products from …: off)
Time zone: Japan (hardware Clock Set to UTC: off) ->こうしておいたら表示される日時が実際と一致する.
Desktop Selection: KDE
Partitioning: Propose Separate Home Partition: off (全てのチェックをoff) -> Edit Partition Setupを選ぶ
#表示されるパーティション全ては以下の通り(括弧内は前者がFS Type,後者がLabel=OSXで名名付けたもの []ないはMount Point)
# “F”はどうもFormatを意味している模様
/dev/sda 931.51 GB
/dev/sda1 200.00 MB EFI boot (FAT/EFI)
/dev/sda2 698.49 GB Apple_HFS (-/MacHD)
/dev/sda3 619.89 MB Apple_HFS (-/Recovery HD)
/dev/sda4 52.95 GB HPFS/NTFS (NTFS/-)
/dev/sda5 93.13 GB Win95 FAT32 LBA (FAT/SUSE)
/dev/sda6 22.68 GB WIn95 FAT32 LBA (FAT/SWAP)
/dev/sda7 2.01 GB F Linux swap (Swap/-) [swap]
/dev/sda8 61.46 GB F Linux native (Ext4/-) [/]
#sda2はOSX,sda3はOSXのリカバリ,sda4はWin7である.
#Labelからも明らかな通り,sda5がLinux用パーティション,sda6がswap用に準備したもの.

/dev/sda7を選んでダブルクリックし,表示される詳細画面下の「Delete」をクリックし,これを消去.(警告は無視)
再度Edit Partition Setupをクリックして,/dev/sda8に対してもsda7と同様に消去.(警告は無視)

#この時点で,Edit Partition Setup…の後”Rescan Devices”をクリックすると以下のようなパーティションになる.
/dev/sda 931.51 GB
/dev/sda1 200.00 MB EFI boot (FAT/EFI)
/dev/sda2 698.49 GB Apple_HFS (-/MacHD)
/dev/sda3 619.89 MB Apple_HFS (-/Recovery HD)
/dev/sda4 116.41 GB HPFS/NTFS (NTFS/-)
/dev/sda5 93.13 GB Win95 FAT32 LBA (FAT/SUSE)
/dev/sda6 22.68 GB WIn95 FAT32 LBA (FAT/SWAP)
#これからも明らかなように,sda4(Win7パーティション)が強制分割されてsda7とsda8が候補に出ていた.

/dev/sda5を選んでダブルクリックし,表示される詳細画面下の「edit」をクリックし,以下の設定の後Finishをクリック.
##Formatting Options: “Format partitionにチェック,file System: Ext4”
##Mounting Options: “Mount partitionにチェック,Mount Point: /(スラッシュのみ)”
確認画面でAccept->Swapディレクトリが無い旨警告が出るがとりあえず無視

Edit Partition Setup…をクリックの後,
/dev/sda6を選んでダブルクリックし,表示される詳細画面下の「edit」をクリックし,以下の設定の後Finishをクリック.
##Formatting Options: “Format partitionにチェック,file System: Swap”
##Mounting Options: “Mount partitionにチェック,Mount Point: swap”
確認画面でAccept

#この時点で,Suggested Partitioningには,赤字で以下の2行だけが書かれている.
# * Format partition /dev/sda5 (93.13 GB) for / with ext4
# * Format partition /dev/sda6 (22.68 GB) for swap

#Edit Partition Setupを見ると,以下の通り(ここでRescan Devicesを実行すると,sda5,6の設定が元に戻るので注意)
/dev/sda 931.51 GB
/dev/sda1 200.00 MB EFI boot (FAT/EFI)
/dev/sda2 698.49 GB Apple_HFS (-/MacHD)
/dev/sda3 619.89 MB Apple_HFS (-/Recovery HD)
/dev/sda4 116.41 GB HPFS/NTFS (NTFS/-)
/dev/sda5 93.13 GB F Linux native (Ext4/SUSE) [/]
/dev/sda6 22.68 GB F Linux swap (Swap/SWP) [swap]

以上でPartitioningの設定が終わったので,Nextをクリック

「しばし待つ」

Installation Settings
Partitioning で/dev/sda5, /dev/sda6を編集することが赤字で表示されていることを確認
Bootingで「Boot from MBR is disabled」「Boot from “/” partition is enabled」となっていることを確認.
*”Boot from MBRをenableしてはいけない.

Install開始->約10分後に再起動
(rEFIndの画面からLinux(HD)を選択しても,Bootable Diskが見つからないと言われて起動できない)
->OSXで起動して以下のステップでこれに対応する.

 

Step09: Partition Inspectorの実行(3分)
rEFItを以下からダウンロードし,同封されているPartition InspectorをrEFItの仮想ディスクから直接実行する.
http://refit.sourceforge.net/
#rEFIndを使っているのでrEFIt自体はインストールしていないことに注意.また,Partition Inspectorもインストールはしていない.

出力結果は以下の通り.最初のCurrent GPT partition table, MBR partition tableの数値が重要.
=====
*** Report for internal hard disk ***
Current GPT partition table:
# Start LBA End LBA Type
1 40 409639 EFI System (FAT)
2 409640 1465253383 Mac OS X HFS+
3 1465253384 1466522919 Mac OS X Boot
4 1466523648 1710661631 Basic Data
5 1710663680 1905965055 Basic Data
6 1905967104 1953523711 Basic Data
Current MBR partition table:
# A Start LBA End LBA Type
1 1 409638 ee EFI Protective
2 409640 1465253383 af Mac OS X HFS+
3 1465253384 1466522919 af Mac OS X HFS+
4 1466523648 1710661631 07 NTFS/HPFS
MBR contents:
Boot Code: Unknown, but bootable
Partition at LBA 40:
Boot Code: None (Non-system disk message)
File System: FAT32
Listed in GPT as partition 1, type EFI System (FAT)
Partition at LBA 409640:
Boot Code: None
File System: HFS Extended (HFS+)
Listed in GPT as partition 2, type Mac OS X HFS+
Listed in MBR as partition 2, type af Mac OS X HFS+
Partition at LBA 1465253384:
Boot Code: None
File System: HFS Extended (HFS+)
Listed in GPT as partition 3, type Mac OS X Boot
Listed in MBR as partition 3, type af Mac OS X HFS+
Partition at LBA 1466523648:
Boot Code: Windows BOOTMGR (Vista)
File System: NTFS
Listed in GPT as partition 4, type Basic Data
Listed in MBR as partition 4, type 07 NTFS/HPFS
Partition at LBA 1710663680:
Boot Code: GRUB
File System: ext4
Listed in GPT as partition 5, type Basic Data
Partition at LBA 1905967104:
Boot Code: None
File System: Unknown
Listed in GPT as partition 6, type Basic Data
=====

 

Step10: diskutilの実行(3分)
Terminalで以下を実行し,diskナンバーを確認する.

> diskutil list

出力結果は以下の通り.つまり対象は/dev/disk0.
=====
$ diskutil list
/dev/disk0
#: TYPE NAME SIZE IDENTIFIER
0: GUID_partition_scheme *1.0 TB disk0
1: EFI 209.7 MB disk0s1
2: Apple_HFS MacHD 750.0 GB disk0s2
3: Apple_Boot Recovery HD 650.0 MB disk0s3
4: Microsoft Basic Data 125.0 GB disk0s4
5: Microsoft Basic Data 100.0 GB disk0s5
6: Microsoft Basic Data 24.3 GB disk0s6
/dev/disk1
#: TYPE NAME SIZE IDENTIFIER
0: Apple_partition_scheme *21.0 MB disk1
1: Apple_partition_map 32.3 KB disk1s1
2: Apple_HFS rEFIt 20.9 MB disk1s2
=====

 

Step11: fdiskにより,現在のテーブル状況を確認する(3分)
Terminalで以下を実行する

> sudo fdisk -e /dev/disk0

続いて,”fdisk: 1>” の状態で “print” と入力する

一連の結果は以下の通り
=====
$ sudo fdisk -e /dev/disk0
Password:
fdisk: could not open MBR file /usr/standalone/i386/boot0: No such file or directory
Enter ‘help’ for information
fdisk: 1> print
Disk: /dev/disk0 geometry: 121601/255/63 [1953525168 sectors]
Offset: 0 Signature: 0xAA55
Starting Ending
#: id cyl hd sec – cyl hd sec [ start – size]
————————————————————————
1: EE 0 0 1 – 1023 254 63 [ 1 – 409638] <Unknown ID>
2: AF 1023 254 63 – 1023 254 63 [ 409640 – 1464843744] HFS+
3: AF 1023 254 63 – 1023 254 63 [1465253384 – 1269536] HFS+
4: 07 1023 254 63 – 1023 254 63 [1466523648 – 244137984] HPFS/QNX/AUX
=====

 

Step12: fdiskにより,テーブル状況を修正する(15分)
fdiskの結果にある,MBR Slot #2は以下の通り,start: 409640, size: 1464843744 である.
===
#: id cyl hd sec – cyl hd sec [ start – size]
2: AF 1023 254 63 – 1023 254 63 [ 409640 – 1464843744] HFS+
===

これは,Partition Inspectorの言うGPT Patition Table #2を指している.
===
# Start LBA End LBA Type
2 409640 1465253383 Mac OS X HFS+
===

#注意
#Partition Inspectorの方は,Start, Endであり,fdiskはStart, Sizeなので,以下の関係にある.
# “End LBA” = “Start LBA” + “size” – 1
#実際, 1465253383 = 409640 + 1464843744 – 1 である.

以上のslot(partition table)はOSXの物である.

同様に,fdisk: MBR Slot #4に対しては,start: 1466523648, size: 244137984 であり,
Parition Inspector: GPT Patiriton Table #4では,start: 1466523648, end: 1710661631 なので,
1710661631 = 1466523648 + 244137984 – 1 が成立している.

これはWindows 7の物である.

起動に問題のあるLinux(openSUSE)のGPTは以下である.(/dev/sda5のこと)
===
# Start LBA End LBA Type
5 1710663680 1905965055 Basic Data
===
一方で,MBRに割り当てられている残り一つは(fdiskで見て)
===
#: id cyl hd sec – cyl hd sec [ start – size]
3: AF 1023 254 63 – 1023 254 63 [1465253384 – 1269536] HFS+
===
別の表現では(partiiton inspectorで見て)
===
# A Start LBA End LBA Type
3 1465253384 1466522919 af Mac OS X HFS+
===
である.このパーティションは,”Apple_Boot Recovery HD”である.
普段これで起動することはないので,このMBRをopenSUSEに割り当てる.
#こうしても,起動時にcontrl+Rを押せば”Apple_Boot Recovery HD”から立ち上げられることは実証済み.

LinuxのGPTから,指定すべきMBRのstartとsizeは
start: 1710663680
size: 1905965055 – 1710663680 + 1 = 195301376
# “size” = “End LBA” – “Start LBA” + 1
である.

修正は fdisk から行う.
>sudo fdisk -e /dev/disk0
としたままの状況から,続けて edit 3 としてリターンを押す.
その後の指定をfdisk実行の一連の流れで以下に記す.
===
fdisk: 1> print
Disk: /dev/disk0 geometry: 121601/255/63 [1953525168 sectors]
Offset: 0 Signature: 0xAA55
Starting Ending
#: id cyl hd sec – cyl hd sec [ start – size]
————————————————————————
1: EE 0 0 1 – 1023 254 63 [ 1 – 409638] <Unknown ID>
2: AF 1023 254 63 – 1023 254 63 [ 409640 – 1464843744] HFS+
3: AF 1023 254 63 – 1023 254 63 [1465253384 – 1269536] HFS+
4: 07 1023 254 63 – 1023 254 63 [1466523648 – 244137984] HPFS/QNX/AUX
fdisk: 1> edit 3
Starting Ending
#: id cyl hd sec – cyl hd sec [ start – size]
————————————————————————
3: AF 1023 254 63 – 1023 254 63 [1465253384 – 1269536] HFS+
Partition id (‘0’ to disable) [0 – FF]: [AF] (? for help) ?
Choose from the following Partition id values:
00 unused 20 Willowsoft 66 Netware 386 A7 NEXTSTEP
01 DOS FAT-12 24 NEC DOS 67 Novell A8 Darwin UFS
02 XENIX / 38 Theos 68 Novell A9 NetBSD
03 XENIX /usr 39 Plan 9 69 Novell AB Darwin Boot
04 DOS FAT-16 40 VENIX 286 70 DiskSecure AF HFS+
05 Extended DOS 41 Lin/Minux DR 75 PCIX B7 BSDI filesy*
06 DOS > 32MB 42 LinuxSwap DR 80 Minix (old) B8 BSDI swap
07 HPFS/QNX/AUX 43 Linux DR 81 Minix (new) C0 CTOS
08 AIX fs 4D QNX 4.2 Pri 82 Linux swap C1 DRDOSs FAT12
09 AIX/Coherent 4E QNX 4.2 Sec 83 Linux files* C4 DRDOSs < 32M
0A OS/2 Bootmgr 4F QNX 4.2 Ter 93 Amoeba file* C6 DRDOSs >=32M
0B Win95 FAT-32 50 DM 94 Amoeba BBT C7 HPFS Disbled
0C Win95 FAT32L 51 DM 84 OS/2 hidden DB CPM/C.DOS/C*
0E DOS FAT-16 52 CP/M or SysV 85 Linux ext. E1 SpeedStor
0F Extended LBA 53 DM 86 NT FAT VS E3 SpeedStor
10 OPUS 54 Ontrack 87 NTFS VS E4 SpeedStor
11 OS/2 hidden 55 EZ-Drive 93 Amoeba FS EB BeOS/i386
12 Compaq Diag. 56 Golden Bow 94 Amoeba BBT F1 SpeedStor
14 OS/2 hidden 5C Priam 99 Mylex F2 DOS 3.3+ Sec
16 OS/2 hidden 61 SpeedStor 9F BSDI F4 SpeedStor
17 OS/2 hidden 63 ISC, HURD, * A0 NotebookSave FF Xenix BBT
18 AST swap 64 Netware 2.xx A5 FreeBSD
19 Willowtech 65 Netware 3.xx A6 OpenBSD
Partition id (‘0’ to disable) [0 – FF]: [AF] (? for help) 83
Do you wish to edit in CHS mode? [n] n
Partition offset [0 – 1953525168]: [1465253384] 1710663680
Partition size [1 – 242861488]: [242861488] 195301376
fdisk:*1> write
Device could not be accessed exclusively.
A reboot will be needed for changes to take effect. OK? [n] yes
Writing MBR at offset 0.
fdisk: 1> quit
===

この後Macを再起動する.

 

Step13: トリプルブートの確認(5分)
再起同時にrEFIndから,OSX, Windows, Linuxと起動できることを確認する.
(rEFItの時には分からなかったと思うが,今はLinuxはGRUB3から起動していることが確認できた)
Linux起動時にStep14を要求されたので行った.
#rEFItにくらべてrEFIndは立ち上がりが明らかに遅い.
続いて,Contrl + RでMac OSXユーティリティーが立ち上がることを確認.
また,Optionキー押し起動の場合,OSX, Win, Recoveryの3つが選択肢に出ることを確認.

 

Step14:openSUSE初期設定(5分)
Networkconfiguration: ほぼデフォルト.
ただしその後ネットワーク環境を検出できなかったのでAbortした.(インターネットテストもスキップ)
Hardware Configurationでは,printer/sound/tv cardhはsound cardのみ検出,他はnot detected.
#なお,立ち上げ時の設定ではOSX以外は常にUSB接続のマウスとキーボードを使っている.
#Configuration終了後にopenSUSEログイン成功

 

Step15:Windowsの設定(25分:ファイルのダウンロード等も含む)
OSXで以下からBoot Camp Support Software 5.0.5033.zipをダウンロードする.
http://support.apple.com/kb/DL1638?viewlocale=ja_JP
ダウンロード後,zipを解凍し,その中身全てをFAT32フォーマットのUSBメモリのルートにコピーする.
Windows 7を起動している状態でこのUSBメモリを開,Boot Campフォルダ内のsetupをダブルクリックする.
#ディスプレイの明るさ調節byキーボードは少なくともoption起動時はF1/F2で変更可能なことが確認できた.

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

カテゴリー

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。